滋賀県豊郷町のマンホールカード

この記事では
滋賀県豊郷町のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第9弾シリーズ「滋賀県豊郷町のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
日本最古の庭園の一つといわれる阿自岐庭園等、歴史を偲ばせる文化財が数多く残されている豊郷町は、まちの中心を中山道がとおり、この沿道には江州音頭が生まれた千樹寺(せんじゅじ)があり、この寺は戦火や村の大火によって焼かれましたが再建され、その落慶法要の中から「江州音頭」は生まれました。
豊郷町は華やかで陽気な唄と踊りの「江州音頭」発祥の地として知られ、江州音頭・扇踊り、絵日傘おどりを後生に伝えるべき伝統文化として保存・継承を行っており、マンホールふたは公募によって町章を中心に江州音頭のちょうちんと踊る人、町の花(つつじ)を図案化して生まれました。


レアカード

一部のカードは、上記のように誤字があります。
現在は修正されています。


設置場所

座標

  • 35°12’14.3″N 136°13’58.3″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    豊郷町観光案内所
  • 営業時間
    午前9時00分から午後5時00分まで
  • 休館日
    年末年始(12/29~1/3)


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 


豊郷町のマスコットキャラクター


1 COMMENT

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。