青森県十和田市のマンホールカード

この記事では
十和田市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第9弾シリーズ「青森県十和田市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
このマンホール蓋は、元気に駆ける子馬とそれを優しく見守る親馬の様子がデザインされています。
十和田市は、文久3年(1863年)に馬市が開催されて以来、馬セリで賑わい、明治時代には陸軍の軍馬補充部も開設され、馬産地として栄えた歴史があります。
現在でも、日本の道百選に指定された官庁街通りに馬のオブジェや馬蹄型のカリヨンがあるほか、十和田市現代美術館前では馬をモチーフとした作品が来館者を出迎えるなど、馬が市民に親しまれていることがわかります。
また、官庁街通りには通りのシンボルでもある桜と松をデザインしたマンホール蓋もありますので散策してみてください。


設置場所

座標

  • 40°36’53.6″N 141°12’48.0″E


配布場所

配付場所


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 


十和田市のマスコットキャラクター


コメント