栃木県栃木市のマンホールカード

この記事では
栃木市のマンホールカード
紹介しています。
マンホーラー
このマンホールカードは、第9弾シリーズになります。

カードデザイン

デザインの由来
「コイのいる街・蔵の街」をデザインしました。
平成元年にデザイン蓋を製作して以来、市街地の至る所で「巴波川(うずまがわ)」と「蔵並み」と「錦ゴイ」が描かれた鉄色のマンホール蓋に出会えます。
下水道整備により街なかを流れる巴波川や県庁堀の水質改善を図り、放流を続けたコイは最盛期には10万匹になったと言われています。
巴波川の両岸は、江戸と結ぶ舟運で栄えた舟積問屋や豪商の蔵が並ぶ江戸時代の風情が今でも残り観光名所にとどまらず、映画やドラマのロケ地になっています。
また、蔵の街遊覧船の船頭さんからは、巴波川の歴史などの話を聞くことができます。


設置場所

座標

  • 36°22’43.4″N 139°43’51.1″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    栃木市観光協会
  • 営業時間
    午前8時30分から午後6時00分まで
  • 休館日
    年末年始(12月29日~1月3日)


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。