群馬県渋川市のマンホールカード

この記事では
渋川市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第9弾シリーズ「群馬県渋川市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
マンホール蓋の丸縁と十字を用いて、渋川市が「日本のまんなか」に位置していることを表現しています。
市町村合併前の旧渋川市で考案したデザインで、市街地を中心に設置されています。
「日本のまんなか」は、渋川市が北海道宗谷岬と鹿児島県佐多岬を円で結んだ中心にあることに由来します。
市内には日本のまんなかを象徴する「へそ石」があるほか、7月には、腹に大きな顔を描いた参加者が練り歩く「渋川へそ祭り」が開催され、「日本のまんなか へそのまち」をアピールしています。
デザインの背景には、市の花であるアジサイのガクをイメージした模様を散りばめ、華やかさを演出しています。


設置場所

座標

  • 36°29’50.3″N 139°00’20.5″E


設置場所案内


渋川市マンホールマップ


配布場所

配付場所


配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず公式サイトで配布状況を確認して現地に赴いてください。
 


渋川市のマスコットキャラクター

1 COMMENT

だーぱん だーぱん

2020年7月1日から配布が再開されていますが、配布場所が「しぶさん」から「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」に変更されました。

返信する

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。