岐阜県飛騨市のマンホールカード

この記事では
飛騨市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第9弾シリーズ「岐阜県飛騨市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
飛騨市は、古川町、神岡町、河合村、宮川村の2町2村が合併して平成16年に誕生しました。
このマンホール蓋は旧古川地域の公共下水道で採用されたもので、古川町の代表的な観光地である「瀬戸川と白壁土蔵」の景観イメージから、当時の町の花「花菖蒲」と瀬戸川に泳ぐ鯉を図形化して4つずつ配置しています。
また中央には「下水」の文字を、周囲には「古川」の文字をそれぞれ図形化して配置しています。
この蓋は公募によりデザインが決定された平成4年当時のもので、現在は中央の下水の文字部分に飛騨市の市章を配置したものが使用されています。


設置場所

座標

  • 36°14’00.6″N 137°11’07.9″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    飛騨市観光案内所
  • 営業時間
    午前9時00分から午後4時00分まで
  • 休館日
    年末年始(12月29~1月3日)


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 


飛騨市のマスコットキャラクター

コメント