静岡県熱海市のマンホールカード(梅と芸妓)

この記事では
静岡県熱海市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第9弾シリーズ「静岡県熱海市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
熱海の市花である「梅」、そして熱海温泉の文化の象徴である「芸妓」を図案化したもので、「熱海市市制80周年」のロゴマークを配しました。
このデザインマンホールは、JR来宮駅前と熱海梅園周辺の歩道及び熱海梅園の園内に設置しています。
熱海梅園は、1886年(明治19年)に開園し、日本で最も早咲きの梅の名所として全国にその名を知られ、多くの観光客が訪れます。
また、芸妓衆がお稽古をする芸妓見番で開演される「熱海をどり」、「湯めまちをどり華の舞」では、豪華な衣装に身を包んだ熱海芸妓による艶やかな舞を披露しています。


設置場所

座標

  • 35°05’54.8″N 139°03’57.6″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    熱海市観光協会
  • 営業時間
    【4月~9月】午前9時00分~午後5時30分
    【10月~3月】午前9時00分~午後5時00分
  • 備考
    年末年始は営業時間が異なります


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

コメント