福島県田村市のマンホールカード

この記事では
田村市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第7弾シリーズ「福島県田村市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
田村市滝根町になる「星の村天文台」と「星空」を色鮮やかにデザインしたマンホール蓋です。
阿武隈高原一帯の上空は、多くの天文家たちが「美しい星空の宝庫」と称える澄み切った空で、同地域の中央に位置する名所・あぶくま洞周辺は「星の村」と呼ばれています。
本デザインのモチーフとなった星の村天文台は、最先端の天体観測施設として平成4年に開館しました。
同天文台の一番の自慢は、福島県内最大級(口径65cm)の反射望遠鏡を備えていることにあります。
四季を通じて美しく壮大な星空を堪能できるこの施設には、毎年、県内外からたくさんの観光客が訪れます。


設置場所

座標

  • 37°21’19.9″N 140°39’46.6″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    あぶくま洞管理事務所
  • 営業時間
    午前8時30分から午後4時00分まで
  • 休館日
    年中無休


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

コメント