東京都昭島市のマンホールカード

この記事では
東京都昭島市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第7弾シリーズ「東京都昭島市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
今から200万年前、昭島周辺は海でした。
それを裏付けるように、昭和36年、市内の多摩川河川敷から、骨格がほぼ揃ったクジラの化石が発掘されました。
この化石は「アキシマクジラ」と呼ばれ、市民に深く愛される存在となりました。
そのような経緯から、今、市内にはアキシマクジラの看板やオブジェなどが散見され、足元には下水道課職員がデザインした本マンホール蓋が設置されています。
アキシマクジラは平成30年1月、これを新種だとする論文が学会誌に発表され、E.アキシマエンシスという学名が命名されました。
昭島市は今後、「くじらタウン昭島」の魅力を一層力強く発信していきいます。


設置場所

座標

  • 35°42’18.8″N 139°21’15.0″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    昭島観光案内所
  • 営業時間
    4月~10月:午前9時00分から午後6時00分まで
    11月~3月:午前9時00分から午後5時00分まで

  • 休館日
    月曜日(祝休日の場合は翌日)、年末年始


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

コメント