福井県敦賀市のマンホールカード

この記事では
敦賀市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第6弾シリーズ「福井県敦賀市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
日本三大松原に数えられる「気比の松原」を近景に描き、そこから望む「立石岬灯台」と敦賀の鳥「ユリカモメ」を描いた、「松灯台」の名を持つマンホール蓋です。
立石岬灯台の歴史は古く、明治14年、石造り灯台として初めて日本人のみの設計・施工で建てられました。
その後、同32年には敦賀港が開港場に指定され、敦賀市は日本海側の主要な国際港湾都市として発展しました。
本マンホール蓋は、平成11年、敦賀港開港100周年を記念してつくられたもの。
金ヶ崎緑地周辺の歩道に設置されていますが、近辺には桜の名所「金崎宮」にちなんだ桜のマンホールもありますので、是非探してみてください。


設置場所

座標

  • 35°39’38.8″N 136°04’22.4″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    敦賀鉄道資料館
  • 営業時間
    午前9時00分から午後5時00分まで
  • 休館日
    毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 


敦賀君のマスコットキャラクター

コメント