広島県三原市のマンホールカード(やっさ祭り)

この記事では
広島県三原市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第6弾シリーズ「広島県三原市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
やっさ踊りは、三原市を代表する夏の風物詩「やっさ祭り」で興じられる伝統の踊りです。
戦国武将の小早川隆景公が三原城を築いたことを祝い、城下の人たちが踊ったのが始まりと伝えられています。
毎年8月に開催されるこの祭りでは、踊り手たちが「やっさ、やっさ」とかけ声を発するので、いつしか「やっさ踊り」と呼ばれるようになりました。
平成29年(2017年)は築城450年の節目の年にあたり、本マンホール蓋には、人気アニメ「妖怪ウォッチ」の監督で三原市出身のウシロシンジさんが手掛けたイラスト「ミハリンとタコじいとやっさ祭り」を採用しました。
街中を探検する気分で探してみてください。


設置場所

座標

  • 34°24’01.3″N 133°04’47.0″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    道の駅 みはら神明の里
    (道の駅1階 物産品販売コーナーレジ)
  • 営業時間
    午前9時00分から午後6時00分まで
  • 休館日
    第3火曜日


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

コメント