沖縄県中城村のマンホールカード

この記事では
沖縄県中城村のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第5弾シリーズ「沖縄県中城村のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
琉歌「とよむ中城」の詞とともに世界遺産・中城城跡の「石垣門」と月、村花「ハイビスカス」が描かれています。
詞の意味は、「(城跡から眺める)よしの浦の月が美しく照り輝いていて、天下は平和で円満に治まり、なんと感慨深いことか」 というもの。
かつて中城は乱世に揺れ、謀反の疑いをかけられた当時の中城城主・護佐丸が月見の宴のさなかに攻め込まれ、自刃する出来事がありました。
俗にいう、「護佐丸・阿麻和利の変」です。
その哀しい歴史を背景に聞く琉歌は、一層深く心に染み入ります。
とよむ中城の「とよむ」は、「響き渡る」こと。
中城の繁栄を願う思いが強く感じられるデザインです。


設置場所

座標

  • 26°15’00.3″N 127°46’25.1″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    中城城跡共同管理協議会
  • 営業時間
    【10~4月】8:30~17:00
    【5~9月】8:30~18:00
  • 休館日
    年中無休


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

コメント