東京23区のマンホールカード

この記事では
東京23区のマンホールカード
紹介しています。
マンホーラー
このマンホールカードは、第5弾シリーズになります。

カードデザイン

デザインの由来
21世紀の東京下水道の新しい顔として、平成13年にモデルチェンジしたマンホール蓋です。
管路布施年が中央の文字キャップで表示されるようになりました。
当時、第1号のマンホール蓋を文京区後楽1丁目に設置し、後楽ポンプ所(文京区)で披露記念式典を行いました。
デザインコンセプトは、お客さまに下水道への親しみを感じていただくこと。そのため、身近な存在である都の花「ソメイヨシノ」、都の木「イチョウ」、都の鳥「ユリカモメ」をデザインしました。
絵柄のどこにユリカモメがいるかお分かりですか?
鳥が空を飛ぶ姿を思い浮かべて探してみてください。


設置場所

座標

  • 35°42’06.0″N 139°47’29.1″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    蔵前水の館
  • 営業時間
    午前9時00分から午後4時30分まで
  • 休館日
    土日、祝日、年末年始
  • 備考
    蔵前水の館では、施設を見学された方のみに東京23区のマンホールカードが配布されます。
    見学には予約が必要ですので、公式サイトより見学の予約を行ってください。


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

公式サイト


文京区のマスコットキャラクター