福井県勝山市のマンホールカード

この記事では
福井県勝山市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第4弾シリーズ「福井県勝山市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
勝山市は日本一の恐竜化石産地で、1989年に始まった福井県恐竜化石発掘調査事業により、学術的に貴重な恐竜化石が数多く発見されています。
この成果をもとに恐竜を中心とした国内最大級の地質・古生物博物館として、「福井県立恐竜博物館」が2000年にオープンしました。
勝山市の恐竜マンホール蓋は、肉食恐竜として日本で初めて全身骨格が復元されたフクイラプトルをモチーフにデザインしました。
色違いや恐竜の足跡のみのデザインなど様々なパターンを製作し、恐竜博物館がある「かつやま恐竜の森」敷地内や市街地に設置しています。
みなさんは何種類見つけることができるでしょうか。


設置場所

座標

  • 36°04’59.1″N 136°30’34.4″E


配布場所

配付場所


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

コメント