佐賀県神埼市のマンホールカード

この記事では
神埼市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第4弾シリーズ「佐賀県神埼市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
神埼市にはその昔、60基の水車群がありました。
豊かに流れる城原川の水力で稼働し、神埼そうめんの製粉や精米などに使われました。
城原川は佐賀平野の貴重な農業用水および生活用水の源であり、また、市民の遊び・学び・憩いの場にもなっています。
本デザインは、当時の水車群を復元した「水車の里」と「城原川」、その手前に「九年庵」を配置し、背景には日本三百名山1つ「背振山」を描いたものです。
九年庵は、佐賀の大実業家、伊丹弥太郎が明治時代に建てた別荘と庭園で、その美しさは国の名勝指定を受けたほど。
同庭園が9年の歳月をかけて完成されたことから九年庵と呼ばれています。


設置場所

座標

  • 33°18’38.2″N 130°22’22.9″E


配布場所

配付場所(平日のみ)

  • 配布場所
    神埼市役所 下水道課(3階)
  • 営業時間
    午前8時30分から午後5時15分まで
  • 休館日
    土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12/29~1/3)


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 


神埼市のマスコットキャラクター

コメント