大阪府能勢町のマンホールカード

この記事では
大阪府能勢町のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第3弾シリーズ「大阪府能勢町のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
伊勢町は、大阪府の最北端(てっぺん)に位置する、里山に囲まれた自然豊かな町です。
本町のデザイン蓋に描かれているのは、里山の象徴である茅葺屋根の古民家と、「日本の棚田100選」に選ばれた長谷(ながたに)に棚田。
そして、前景に能勢発祥の栗「銀寄」の葉や実を描くことによって遠近感を出し、里山景観の縮図を独創的に表現しています。
銀寄は実が大きくて上品な甘みを持ち、近年は西洋スイーツなどにも使われる人気の品種。
その昔、丹波国に出荷して多くの銀礼(紙幣)を寄せ、農民の暮らしを救ったことから、「銀を寄せる」という意味でこう名付けられたといわれています。


設置場所

座標

  • 34°56’34.5″N 135°24’37.6″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    能勢浄化センター ささゆりの丘
  • 営業時間
    午前8時45分から午後5時00分まで
  • 休館日
    土曜日、日曜日、祝日、年末年始


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

コメント