愛媛県松山市のマンホールカード

この記事では
愛媛県松山市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第3弾シリーズ「愛媛県松山市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
法興6年(596年)、道後に来浴した聖徳太子は、椿が生い茂る温泉郷の壮観なさまを見て、これを称える言葉を書き残したと伝えられています。
古くから松山の人びとに愛されてきた「椿=ヤブツバキ」は、昭和47年、市の花に選定されました。
本マンホール蓋のデザインは赤や薄紅のヤブツバキを描き、花の周りには、日本三大絣(かすり)のひとつ「伊予かすり」の井桁文様をあしらっています。
製作は市制百周年記念事業(1989年)の一環として進められ、1991年に意匠の一部を修正して今に至ります。
松山市は歴史の深いまちで、小説『坂の上の雲』の舞台にもなっています。
マンホール蓋とともに史跡めぐりなどもお楽しみください。


設置場所

座標

  • 33°50’30.7″N 132°46’08.0″E


配布場所

配付場所(平日)


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

コメント