京都府流域下水道のマンホールカード

この記事では
京都府流域下水道のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第3弾シリーズ「京都府流域下水道のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
特別名勝「天橋立」は、宮津湾と内海・阿蘇海を隔てる白砂青松の砂州で、日本三景の一つに数えられます。
この砂州を含む一帯は丹後天橋立大江山国定公園として指定され、年間約200万人が訪れる京都府北部の観光拠点となっています。
天橋立には笠松公園、天橋立ビューランドの二大眺望スポットがあり、それぞれの眺めは「昇龍観」、「飛龍観」と呼ばれています。
天橋立の美しい環境を守る宮津湾流域下水道のマンホール蓋には、右上がりに勢いよく天に昇る龍を描いたかのような昇龍観、京都府の鳥「オオミズナギドリ」と「府章」がデザインされています。
散策される際には是非、足元にも目を向けてください。


設置場所

座標

  • 35°33’40.3″N 135°12’38.6″E


配布場所

配付場所(平日のみ)


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 


京都府のマスコットキャラクター


1 COMMENT

だーぱん だーぱん

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、マンホールカードの配布は一時休止中です。
再開の時期は未定です。

返信する

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。