北海道函館市のマンホールカード

この記事では
北海道函館市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第3弾シリーズ「北海道函館市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
函館市の魚「イカ」をデザインしたマンホール蓋です。
波間に仲良く並んだ3匹のイカ。
足が9本しかないように見えますが、実はバランスをとるため、後ろに1本隠れているんです。
イカは函館市で水揚げされる魚類の中で漁獲量が最も多く、とれたてをさばいた「いか刺し」や「いかソーメン」は函館ならではの料理です。
イカ釣り漁船の「漁火(いさりび)」は函館の夜景に一層の彩りを加え、函館港まつりでは多くの市民が「いか踊り」で盛り上がるなど、函館市民にとってイカは身近で親しみのある魚。
このカラーの蓋は4月から11月まで観光地に設置し、雪が積もる冬はお色直しをします。


設置場所

座標

  • 41°45’50.0″N 140°43’04.7″E


配布場所

配付場所


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

コメント