京都府亀岡市のマンホールカード

この記事では
京都府亀岡市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第2弾シリーズ「京都府亀岡市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
亀岡市はその昔「亀山」という地名で呼ばれ、明智光秀が築いた丹波・亀山城の城下町として栄えました。
今の「亀岡」になったのは1869年。
伊勢国の亀山と混同されないように改称した経緯があります。
いずれにしても亀岡は「亀」と縁が深く、本マンホール蓋のデザインにも2匹のカメをあしらいました。
甲羅の部分に亀岡市の市章を組み合わせたことからユニークな形をしていますが、それが逆に子どもから大人まで親しめる愛嬌になっています。
カメの体から外に向けて波紋のように広がる曲線は、下水道事業の推進を表現したもの。
蓋の表面には全体的に凹凸が多く、滑り止めの効果も発揮しています。


設置場所

座標

  • 35°00’51.0″N 135°34’22.7″E


配布場所

配付場所(平日)

  • 配布場所
    亀岡市上下水道庁舎
  • 営業時間
    午前8時30分から午後5時15分まで
  • 休館日
    年末年始(12/29~1/3)
配付場所(休日)

  • 配布場所
    亀岡市上下水道庁舎
  • 営業時間
    午前9時00分から午後5時00分まで
  • 休館日
    年末年始(12/29~1/3)


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

コメント