兵庫県姫路市のマンホールカード

この記事では
兵庫県姫路市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第2弾シリーズ「兵庫県姫路市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
1993年に日本初の世界文化遺産に登録された国宝「姫路城」のデザインマンホール蓋です。
2015年3月に同城の「平成の大修理」が終わったことを記念して製作しました。
城郭は池田輝政が1601年から約9年をかけて完成させたと伝えられ、天を突く天守閣群と美しい白壁の広がりは、まるで飛び立つ白鷺のようです。
姫路城が別名「白鷺城」と呼ばれるのも、うなずけます。
また、のちに天下人となる秀吉が居城したことから「出世城」の異名を持つほか、長い歴史で一度も戦火や災害の被害を受けておらず「不戦・不焼の城」とも呼ばれます。
そんな強さと気品を併せ持つ姫路城のマンホール蓋をどうぞお楽しみください。


設置場所

座標

  • 34°49’40.1″N 134°41’25.1″E


配布場所

配付場所


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

コメント