沖縄県流域下水道のマンホールカード

この記事では
沖縄県流域下水道のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第2弾シリーズ「沖縄県流域下水道のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
1975年に開催された沖縄国際海洋博覧会のマークを元に考案したマンホール蓋です。
県内の市町村がオリジナルのデザインマンホール蓋を採用するまでの期間使用していることから、今でも県内を歩くとよく目にする蓋です。
波頭は海を表現しており、中央に囲まれるように「海洋」「平和」「発展」のシンボルである沖縄県章を配置いました。
まるで海に囲まれた沖縄県をそのまま表現しているようで、美ら海を誇る本県にふさわしいデザインです。
カードの写真は中部流域下水道那覇処理区のマンホール蓋で、同処理区は1966年に事業着手し、現在では那覇市、浦添市、豊見城市、南風原町の3市1町の汚水を処理しています。


設置場所

座標

  • 26°12’57.8″N 127°40’00.4″E


配布場所

配付場所(平日)

  • 配布場所
    首里城公園 首里杜館(すいむいかん)総合案内所
  • 営業時間
    【4月~ 6月】午前8時00分から午後7時30分
    【7月~ 9月】午前8時00分から午後8時30分
    【10月~11月】午前8時00分から午後7時30分
    【12月~ 3月】午前8時00分から午後6時30分
  • 備考
    月により配布時間が異なります


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

1 COMMENT

だーぱん だーぱん

2020年4月1日からマンホールカードの配布場所が「首里城公園 首里杜館 総合案内所」に変更されました。

返信する

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。