埼玉県桶川市のマンホールカード

この記事では
埼玉県桶川市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第12弾シリーズ「埼玉県桶川市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
桶川市では、「べに花の郷 桶川市」のキャッチフレーズを掲げ、まつづくりを行っています。
桶川における紅花の生産は、天明・寛政年間に江戸商人がその趣旨をもたらしたことから始まり、「桶川臙脂(えんじ)」の名で全国に知られ、紅花宿とよばれるほどに栄え、大きな富と文化をもたらしました。
しかし、明治期に入ると化学染料の導入などから次第に衰退してしまいます。
江戸時代に経済的な繁栄をもたらした紅花が、百年を経た今文化的な成熟をもたらす。
そんな願いを込めて、紅花を市民の花と定め、まつづくりのシンボルとしてこのマンホールもデザインされました。


設置場所

座標

  • 35°59’53.5″N 139°33’49.4″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    桶川市観光協会
  • 営業時間
    午前9時00分から午後4時00分まで
  • 休館日
    お盆、年末年始


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

コメント