岡山県津山市のマンホールカード

この記事では
津山市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第11弾シリーズ「岡山県津山市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
デザインのモチーフとなっているのは津山城とごんご(津山の方言で河童のこと)です。
津山城は津山藩初代藩主・森忠政が1616年(元和2)に鶴山(つるやま)に完成させた平山城です。
明治の廃城例で建造物は取り壊されましたが、2005年には「備中櫓(びっちゅうやぐら)」が復元され、現在では鶴山公園(かくざんこうえん)として西日本有数の桜の名所となっています。
また、市内を流れる吉井川(よしいがわ)には河童が生息していたという言い伝えが残っており、夏の時期にはごんごの名を冠にした「津山納涼ごんごまつり」が開催されるなど、市民に親しまれる存在となっています。


設置場所

座標

  • 35°03’37.9″N 134°00’11.2″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    津山観光センター
  • 営業時間
    午前9時00分から午後6時00分まで(4月~9月)
    午前9時00分から午後5時00分まで(10月~3月)
  • 休館日
    年末年始


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

1 COMMENT

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。