東京都国立市のマンホールカード

この記事では
東京都国立市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第11弾シリーズ「東京都国立市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
国立市には、かつて、まちのシンボルと強く認識された三角屋根の旧国立駅舎がありました。
そして、国立駅から南へまっすぐ伸びる大学通りの幅はなんと約44メートルもあり、通りの両側のグリーンベルトには桜が植えられ、春には花びらのカーテンがまちをピンク色に染めます。
国立市で設置している一部のマンホール蓋には、旧国立駅舎を大学通りから望んだ春の風景がデザインされています。
2019年には、今までの無色からカラーにリニューアルしてさらなるイメージアップに努めています。
2020年に旧国立駅舎は1926年創建当時の姿に再築され、くにたちのシンボルが復活します。


設置場所

座標

  • 35°41’58.3″N 139°26’48.8″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    国立市役所 下水道課窓口(3階)
  • 営業時間
    【平日】午前10時00分から午後7時00分
    【土日祝】午前9時00分から午後7時00分
  • 休館日
    年末年始


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 


国立市のマスコットキャラクター

2 COMMENTS

だーぱん だーぱん

配布場所も変更されており、国立市役所では配布しておりません。
くれぐれもご注意ください。

返信する

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。