静岡県伊豆の国市のマンホールカード

この記事では
静岡県伊豆の国市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第11弾シリーズ「静岡県伊豆の国市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
伊豆の国市に合併する前の旧韮山町で作成されたマンホール蓋です。
世界遺産登録された「韮山反射炉」と「富士山」、伊豆の国市の特産品である「いちご」がデザインされています。
反射炉とは、大砲などを鋳造するための溶解炉で、韮山代官江川太郎左衛門英龍の進言により築造されました。
実際に稼働した反射炉としては日本で唯一現存し、2015年7月、「明治日本の産業革命遺産」の構成遺産として世界文化遺産に登録されました。
特産品のいちごは、「章姫」「紅ほっぺ」の2酒類を中心に栽培されており、12月中旬から翌年5月上旬まで、市内各所でいちご狩りが楽しめます。


設置場所

座標

  • 35°03’11.6″N 138°56’44.5″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    伊豆の国市観光案内所
  • 営業時間
    午前9時00分から午後4時00分まで
  • 休館日
    年中無休


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

コメント