山口県萩市のマンホールカード

この記事では
萩市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第11弾シリーズ「山口県萩市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
萩市を象徴する風景「白壁と夏みかん」をモチーフに平成4年4月にデザインしたマンホール蓋です。
萩市は古地図がそのまま使える街並みで、城下町を散策すると現在でもデザインの風景である「白壁からのぞく夏みかん」をご覧いただくことができます。
夏みかんは市の果樹に指定されています。
明治維新後、生活の術を失った士族たちの生計を立てるため武衛屋敷の空き地を利用して栽培を始めました。
古い実が落ちる前に新しい実が生るため、その様子から「代々続いていく縁起物」として取引されていました。
萩市の美しい水環境も下水道の普及によって代々続けていかなければなりません。


設置場所

座標

  • 34°24’08.3″N 131°24’25.9″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    萩 明倫学舎
  • 営業時間
    午前9時00分から午後5時00分まで
  • 休館日
    2月の第1 火曜日・水曜日のみ休館


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 


萩市のマスコットキャラクター


コメント