北海道浦河町のマンホールカード

この記事では
浦河町のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第10弾シリーズ「北海道浦河町のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
馬の馬の産地としての浦河の歴史は古く、江戸時代にまで遡ります。
1907年には、日高種馬牧場が開設され、今日の軽種馬生産の基礎が作られました。
これまでに浦河から5冠馬シンザンをはじめ、数多くの名馬を世に送り出しています。
町では「5,000人町民乗馬」をスローガンとする町民への乗馬普及活動として、幼児・小学生の乗馬体験学習、一般対象の乗馬教室、乗馬大会の開催などを実施し、子どもから大人まで乗馬を楽しむことができます。
近年では、障がいの機能改善等に効果があるとして乗馬が利用されています。
また、日高山脈や太平洋を背景に馬が佇む日本国内では珍しいのどかな風景を堪能することができます。


設置場所

座標

  • 42°10’34.4″N 142°45’43.8″E


配布場所

配付場所(平日)

配付場所(休日)

  • 配布場所
    浦河町役場 警備室
  • 営業時間
    午前9時00分から午後5時15分まで
  • 備考
    土曜日、日曜日、祝日のみ配布


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 


浦河町のマスコットキャラクター

コメント