島根県大田市のマンホールカード

この記事では
大田市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第10弾シリーズ「島根県大田市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
砂浜を歩くとキュッキュッと琴の音のようになる琴ヶ浜がある大田市仁摩町馬路(まじ)には、ある言い伝えがあります。
“壇の浦の源平の戦に敗れて流れ着いた平家の姫は、村人に助けられ、お礼に毎日琴を奏でておりました。姫がなくなり村人たちは大いに悲しみましたが、なんと砂浜が事の音のように鳴くようになりました。”この琴姫伝説を基にマンホール蓋をデザインしました。
世界最大の1年計砂時計「砂暦(すなごよみ)」がある砂博物館「仁摩サンドミュージアム」のピラミッドも描きました。
下水道は国指定天然記念物でもある琴ヶ浜を守るために、重要な役割を果たしています。


設置場所

座標

  • 35°08’50.1″N 132°24’17.1″E


配布場所

配布場所


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 


太田市のマスコットキャラクター

1 COMMENT

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。