千葉県木更津市のマンホールカード

この記事では
木更津市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第10弾シリーズ「千葉県木更津市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
木更津市のマンホール蓋は、童謡「証城寺の狸ばやし」でおなじみの歌詞と狸の親子のデザインを平成元年から採用しています。
この童謡は、野口雨情が、證誠寺に伝わる「狸ばやしの伝説」を元に作詞し、中山晋平が曲を付け、大正14年に「証城寺の狸ばやし」として誕生しました。
現在では、子供たちによる「證誠寺の狸祭り」が開催されるとともに木更津駅の発車メロディーにも使われています。
また、駅みなと口周辺には、「たぬき」を逆さまにした「きぬ太」くんのオブジェや、木更津市のマスコットキャラクター「きさポン」がマイクも持って歌うマンホール蓋もありますので併せてご覧下さい。


設置場所

座標

  • 35°22’54.1″N 139°55’30.9″E


配布場所

配付場所


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 

コメント