兵庫県播磨町のマンホールカード

この記事では
播磨町のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第10弾シリーズ「兵庫県播磨町のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
本マンホール蓋は、播磨町出身の偉人である「ジョセフ・ヒコ」が日本人初の新聞を発行してから150周年を記念して、2014年に募集したイラストをもとにデザインしたものです。
ヒコは幼少の頃に、乗っていた船が難破し漂流しているところをアメリカの商船オークランド号に救助されました。
渡米したヒコは、リンカーン大統領と会う機会を得て民主主義に強く共感し、米国市民権を得た初めての日本人としても知られています。
外国の実情を日本に伝えたいとの強い思いから発刊した「海外新聞」は、今日の新聞の土台を築いたものとして高く評価されており、「新聞の父」と称され親しまれています。


設置場所

座標

  • 34°43’13.7″N 134°53’19.1″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    播磨町郷土資料館
  • 営業時間
    【4月-9月】午前9時30分から午後6時00分まで
    【10月-3月】午前9時30分から午後5時00分まで
  • 休館日
    月曜日(祝日の場合はその翌平日)、年末年始(12/29~1/3)


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 


播磨町のマスコットキャラクター

1 COMMENT

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。