和歌山県御坊市のマンホールカード

この記事では
御坊市のマンホールカード
紹介しています。
管理人
このマンホールカードは、第10弾シリーズ「和歌山県御坊市のマンホールカード」です。

カードデザイン

デザインの由来
御坊市は和歌山県沿岸部の中央に位置し、市街地の中心部を日高川が流れ、日高川と共に農業、商業等が発展してきた町です。
その日高川河口付近は豊かな自然に恵まれ、7月に黄色の花を咲かすハマボウ(市の花木)の群生地があり、河北地区に御坊市指定天然記念物クロガネモチ(市の木)、河南地区は温暖な気候に恵まれ、年間を通し、スターチス、ガーベラ、カスミソウ、コギク(市の花)等の花卉栽培が盛んな地域であり、生産・収穫量も全国上位に位置します。
マンホール蓋は日高河河口部のハマボウの花を中心に、北にクロガネモチ、南にコギクを配置し「花の町」をイメージしています。


設置場所

座標

  • 33°52’09.8″N 135°09’43.0″E


配布場所

配付場所

  • 配布場所
    御坊市ふれあいセンター(EEパーク)
  • 営業時間
    午前10時00分から午後4時30分まで
  • 休館日
    月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/4)


最新の配布状況

マンホールカードには配布枚数に限りがありますので、必ず下記の公式サイトにて最新の配布状況を確認した上で現地に行ってください。
 


御坊市のマスコットキャラクター

コメント